FC2ブログ

(旧)浦山クライミングスクールブログ

浦山クライミングスクールブログをご覧いただき、ありがとうございます。
当ブログはhttp://urayama-school.blog.jpに移行いたしました。
5秒後に自動的に移動いたします。 移動しない場合は、上記URLをクリックしてください。

9月27,28日 (土日) 穂高 ジャンダルム縦走

002jann928.jpg
なとりさんとジャンダルムの縦走に行ってきました、以下その報告です。
9/27(曇り) 西穂山荘14:30着
 小屋は布団一つに二人の混雑でした。
でも、二人とも十分に休めました。

9/28(日) 曇り
西穂山荘4:30~西穂高6:30~天狗の頭7:40~ジャンダルム9:12~奥穂高10:00~穂高岳山荘10:30~白出沢~新穂高16:00
 
西穂高の山頂にて
元気な、なとりさん。

003jann928.jpg
天狗の頭です。
日が出ないため、肌寒いのですがその分汗もかかずペースはとてもよかったです。

004jann928.jpg
少し疲れてきたかな~。
ジャンダルム直下のビバークができる平坦地にて。

005jann928.jpg
9:10 ジャンダルムの頭にて。

007jann928.jpg
10:00 奥穂高岳に到着。
まだ10:00だ!
時間があまりにも順調なので、この後この日のうちに下山しました。
それにしても強かったなとりさんでした。!!
スポンサーサイト
  1. 2008/09/29(月) 14:21:17|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月25日 曇り 日和田

001hiwada925.jpg
谷川、一の倉沢 南稜のトレーニングのために、かわなさん、えもとさんでマルチピッチと懸垂下降のトレーニングを十二分に実施しました。
  1. 2008/09/29(月) 14:04:24|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月23日(秋分の日)快晴 日和田 サンデースクール

001hiwada923.jpg
あさ10:00頃 日和田に向かうアプローチにて! ちょうどまんじゅしゃげの時でしたので駅からずっと人で溢れていました。
天気は申し分なく、暑いほどでした。
リーダーも入れて総勢21人でした。

002hiwada923.jpg
この日は、他にもスクールがあり大変な混みようでした。
ロープはスパゲッテイのように垂れていました。
ただミーテングは駅前にで店があるので苦労しませんでした。
  1. 2008/09/24(水) 20:34:08|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月20,21日(土日) 八ヶ岳 硫黄岳

001iou921.jpg
9月21日(日)曇りにち雨
おぎさん、八ヶ岳硫黄岳に登る。 8:30 ガスで何も見えない。
でも、硫黄岳登山の人は沢山いました。
おぎさんは初めて硫黄に登れたとのこと。
赤岳鉱泉6:30~硫黄岳頂上8:30~赤岳鉱泉10:00~おばちゃんち11:30
前日、9月20日 曇り夜雨
美濃戸バス停9:30~おばちゃんち10:00~赤岳鉱泉12:30
鉱泉は空いておりのんびりとすごすことができた。お湯も入り気分はリラックス!
台風のせいなのかもしれないし、とびいし連休のため無理をしないで21日から入る人も多かったようだ。

002iou921.jpg

鉱泉に下る途中で見た親子ずれの日本かもしか。
皆さん、カモシカは何科かご存じですか?かもしかは牛科です。
この後ももう一匹みました。
天気が悪かったのでせめてものご褒美でした。

004iou921.jpg
鉱泉の小屋で帰りの支度をしているおぎさん。
この時点ではまだ雨は降っていなかった。
全く余裕のおぎさんでした。
  1. 2008/09/21(日) 18:45:59|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月16日~18日 甲斐駒が岳 赤石沢奥壁 中央稜

001kaikoma917.jpg
9/17 快晴のち曇り
 七丈小屋5:00~八合目6:00~中央稜とりつき6:30~4ピッチ終了~登山道9:00~頂上10:00~七丈小屋12:00~竹宇神社17:00
9/16は、雨がまだ残っていたが、予定道理に8:30に出発する。いつ来ても長い黒戸尾根だが荷物を極力軽くして順調に登る。13:30には小屋に着いた。
今日の宿泊は私たちを含めて3人だ。
3連休のときは120人が宿泊して、いっぱいになり食事はご飯とみそ汁を出すのが精いっぱいだったとか。
それにしてもこの小屋はきれいだ。夕食はお刺身もついてとてもおいしかった。
これらはふもとから荷揚げしているとのこと。おりがたいことです。

写真は、1ピッチ目を登ってくるこぐれさん。出だしが一番悪かった。壁はまだ濡れていた。
4級だがA0使いまくりだった。

002kaikoma917.jpg
それでも、早い時間で登ってきた。なんとかする登りできたとのこと。さすがにこぐれさん。

003kaikoma917.jpg
3ピッチを終了して装備を整えているところ。
左側に4ピッチ目の凹角が見えている。
ここまで草付きに苦労したようだが、三スラに比べたら何のことはないと言い聞かせていたとのこと。
それ以外の岩場は強い。スルリとのぼってきた。
アブミハ持ってこなかったのでA0を多用する。

005kaikoma917.jpg
9:00登山道に出る直前のこぐれさん。晴れやかな表情だ。
登攀が終了してからの草付きは6ピッチになり長かった。ところどころ悪いところが散在する。
それでも踏み跡を忠実にたどれば問題は少ない。
 
006kaikoma917.jpg
 
頂上10:00快晴だが早くも霧がわいてきた。
早朝に登ってきたという人に撮ってもらう。5:00に出発したとしても早い!日帰りとのこと。
頂上には5人の人がいた。
遠くに鋸尾根を登ってくる単独の人も見えた。
私がヘルメットをかぶっているのは帽子を小屋に置いてきたため暑いので帽子代りにかぶっているのです。
久々のアルパインクライミングで緊張もしたが、楽しい充実したクライミングでした。
  1. 2008/09/19(金) 06:57:48|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9/7~10 検定の一こま

006kenntei909.jpg
9/9 晴れ 源次郎尾根Ⅰ峰で休んでいるみんな!しかしよい天気だ。

010kenntei909.jpg
11:00 剣岳の頂上 平日なのにたくさんの人が登ってきていた。素晴らしい天気に皆さん感激と興奮をしていた。
  1. 2008/09/14(日) 22:34:44|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月1日~4日 北鎌尾根予定の東鎌尾根

003higashikama903.jpg
9/3晴れのち本降り 北鎌尾根を縦走する予定でしたが天気予報は雨、12時間かかる北鎌尾根にこの予報で突っ込むわけにもいかず安全策を取って東鎌尾根に変更して縦走する。
その途中の西岳にて!この時点ではまだ天気がよく槍もよく見える。9:00ころ

005higashikama903.jpg
11:30 槍ヶ岳の頂上 ひらいさんは10数年ぶりに登ったとのことでした。以前は怖さを感じなかったとのことでしたが今度はちゃんと怖さがわかったそうです。成長の証ですね。この後槍沢を下る頃から本降りとなり予報がやっと当たりました。
せっかくの東鎌尾根と槍ヶ岳なので12時間行動を体験するためにこの後横尾山荘まで歩きました。
雨の中の歩行なので相当に疲れたとひらいさんがおっしゃっていました。胃が痛くなる疲れと形容していました。
横尾の小屋は新館に泊まりました。きれいで小屋は快適でした。
  1. 2008/09/14(日) 22:30:12|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月29日~31日 西穂高岳~ジャンダルム

001nishiho830.jpg
8/30霧ののち土砂降り ジャンダルムの縦走を予定していたが11:00に天狗のコルに着いた頃から本降りとなり残念だがまたもやジャンダルムの下降となった。
その時の西穂で撮った写真。霧なのわかるでしょうか。写真は濡れるのであまりとれませんでした。

002nishiho831.jpg
8/31 晴れ ビジターセンター前で昨日濡れたものを乾かしながら、穂高縦走組を待っているところ。
この天気が昨日であれば問題なく縦走できたのだが。
しかしこれも山です。

  1. 2008/09/14(日) 22:17:13|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0