FC2ブログ

(旧)浦山クライミングスクールブログ

浦山クライミングスクールブログをご覧いただき、ありがとうございます。
当ブログはhttp://urayama-school.blog.jpに移行いたしました。
5秒後に自動的に移動いたします。 移動しない場合は、上記URLをクリックしてください。

10月28日(火) 雨 一の倉沢 南稜撤退

002hyonnguri1028.jpg
10月28日(火)雨
3度目の正直でアッタクしたのですが、テールリッジの末端を登りだしたところで雨が降り出して、とっても残念でしたが撤退しました。
トラバースの河原で写真を撮っている増子さん。

003hyonnguri1028.jpg
ヒョングリの懸垂地点でもう一度。
これから、さらに雨が降り壁は濡れてしまいました。8:30頃
来年5月に再度挑戦!!

それにしても出合いのカメラマンの数はすごい。そして車の数もしごかった。
今日は平日なのだけれども。
スポンサーサイト
  1. 2008/10/28(火) 17:01:41|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月21日の写真追加

004oomori1022.jpg
なんと3ピッチ目に置き忘れたカメラが親切な人に拾われて帰ってきました。
届けてくれた人に感謝です。
追加の写真です。
ヒョングリの高巻き、これから懸垂に入るところ
後ろの紅葉がきれいです。

005oomori1022.jpg
中央稜の取り付き。
壁に見入ってる大森さん。

007oomori1022.jpg
南稜の取り付き。
壁のコンデションはとてもよい。

008oomori1022.jpg
同じ場所です。

009oomori1022.jpg
3ピッチ目を登ってくるところ。
この後、カメラを忘れました。
拾って届けてくれた人、ありがとうございました。
  1. 2008/10/28(火) 16:57:35|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

002hakodate1024.jpg
10月24日(金) 雨 風
10時頃 立待岬 脇にいるのは小暮さんです。同窓会にいく用事もあるので普通の格好をしています。
石碑の向こう側が南壁です。
この日は雨で何にも出来ないので、谷地温泉を偵察して、函館山に登り、煉瓦街を偵察しました。
 
006hakodate1025.jpg
回転寿司で函館の海の幸を食べ、少し飲んで実家に帰る小暮さんを送ってホテル泊。

003hakodate1025.jpg
25日 快晴
この、石が目印。ここから藪こぎを15分で、何壁に着いた。
でも帰りは藪こぎをしないですぐに歩道にでた。学習!

008hakodate1025.jpg
9:30ごろ
南壁の右岩壁に一部分。

PA250436hakodate1025.jpg
壁をさらに左に回り込んで、おそらくスカイハイ5.10aをトップロープで楽しんでいる私。
初めての場所なので無理は出来ないので、TPでトライする。

PA250437hakodate1025.jpg
同じく、ハングに張り付いている私。
風があるのだが、通り抜けないのでとても暖かい。
テーシャツで登れました。

PA250438hakodate1025.jpg
同じルートにトライしている小暮さん。
私よりきれいに登っていた。
少し悔しい!
11:30ころまで楽しんで、空港で小暮さんと分かれて15:25の飛行機で帰ってきました。
楽しかったです。
  1. 2008/10/27(月) 11:28:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月21日(火)快晴 一の倉沢 南稜

P2008_1021_102724.jpg
快晴の南稜に大森さんと行ってきました。
カメラを落としたため、携帯の写真です。
終了点です。
10:00時です。
これから五ルンゼの頭を越えて一の倉だけを目指します。

P2008_1021_121124ryousenn1021.jpg
稜線での写真です。
すこしつかれたかな?
でも、ここまで終了点から2時間で来たのです。
早いです。
風が気持ちの良い稜線でした。
  1. 2008/10/22(水) 22:24:40|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月22日(水)晴れ 赤岳鉱泉 アイスキャンデー足場作り

008kyannde1022.jpg
赤岳鉱泉のアイスキャンデー作りに今年初めて行ってきました。
ネットを張ったり、パイプを運んだりしてきました。
今年は、前年より1段高く約15mあるそうです。
迫力があります。
楽しめそうです。
また、ドライツウリングのボードは恐ろしくかぶっています。009kyannde1022.jpg

たくさんのガイドが来ていました。
遠藤さん、棚橋さん、木村さん等等です。15人ほどいました。
  1. 2008/10/22(水) 21:59:58|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月17日~19日快晴 検定員研修とレスキュウ検定

001kenntei1018.jpg
3日間、奥多摩の鳩ノ巣渓谷で山岳ガイドを目指す人たちのレスキュウ検定とその検定員の研修をしてきました。
私たち検定員も研修して受検者をしっかり検定できるように勉強しています。
結構大変なんです!
受検を受ける人たちは真剣でそして緊張しています。
私も去年同じ立場だったので気持ちが大変によくわかりました。

002kenntei1019.jpg
17:00過ぎまで実施して少し暗くなってきたところ。
それにしても三日間天気が良かったな~
皆さんはどこに行ってきましたか。
  1. 2008/10/20(月) 15:28:11|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月16日(木)快晴

002futago1016.jpg
とても天気のよいそしてコンデションも最高の二子山、中央稜に行ってきました。
初めてのおおもりさんと二度目のごちょうさんでした。
写真は3ピッチ目の核心部を抜けてきたおおもりさん。

西武秩父駅11:30~二子山駐車場12:30~取り付き13:00~終了15:30~同下降~取り付き16:45
電車が遅れて登攀開始が少し遅くなってしまいました。

003futago1016.jpg
同じく核心部を抜けてきた余裕のごちょうさん。サングラスが素敵です。

004futago1016.jpg
4ピッチ目、ビレーしている二人。

005futago1016.jpg
懸垂下降しているおおもりさん。
青空をバックに良く映えています。

  1. 2008/10/16(木) 22:53:52|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月11日~13日鉱泉~ 権現岳~編笠の紅葉縦走

001gonngenn1012.jpg
10月12日(日) 晴れ 寒し 鉱泉の前で出発準備をしているみなさん。
かっこいい佐藤リーダーが目立っています。

002juusou1012.jpg
11:00頃かな、赤岳の岩場を下ってきてやっと一休みしているみなさん。私の班は、むろやさん、とおやさん、すはらさん、ほんださん、いしいさん、そしてしのはらさん。
キレット小屋手前の広場にて。

003gonngenn1012.jpg
14:00ころ、やった権現だー。
とおやさんも問題なく到着。

004gonngenn1012.jpg
権現岳の本当の頂上でホーズ、うれしい時間。

005amigasa1013.jpg
 
翌日10月13日 晴れ
7:30に編笠山の頂上にて、北アルプス槍ヶ岳をはじめとして全ての山が見える。
素晴らしい展望でした。

006ami1013.jpg
 皆さんのリクエストにより班のメンバーを変えて縦走。
もう危ないところもないので、楽しんでいる。
美しい紅葉をみなさん何度もカメラに収めていた。
  1. 2008/10/14(火) 16:48:22|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月9日(木)曇り/晴れ 一の倉沢 烏帽子奥壁 中央カンテ

001nann1009.jpg
烏帽子奥壁中央カンテに行ってきました。
これは懸垂下降地点。 平井さん。002nann1009.jpg
中央稜の取り付きにて。
紅葉がとてもきれいでした。
その紅葉を撮っているところ。

10月9日(木)
曇り時々晴れ
出合い6:40~中央カンテ取り付き8:00~終了12:30~南稜下降~出合い16:45
前日より南稜の登攀予定だった増子さんは朝から雨のため残念だが次回を期すことになった。

その日はその後曇りとなり夕方には偵察にいったら壁も乾いており明日が期待されたが夜中に雨が降り当日はおひさまも顔を出したがいかんせん壁が乾いてはくれなかった。1,2ピッチはびしょぬれだった。

003nann1009.jpg
その2ピッチ目を登ってくる平井さん。
壁は貸し切りだった。

004nann1009.jpg
核心部を終わって一安心!
ここも濡れていた。
4畳半テラスより。

006nann1009.jpg
写真が前後していますが南稜テラスの下、鎌形ハング下です。

nann1009.jpg
中央カンテ終了点 12:30 
懸垂下降点にて。
少し疲れたかな~

007nann1009.jpg
あそこを登ってきたよー  のうれしいポーズ!!
16:30
テールリッジは乾いていたので下降は助かりました。
悪い状況でもめげることなく、しっかりと登ってきたひらいさんでした。



  1. 2008/10/10(金) 12:00:52|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月4,5日(土日)阿弥陀岳 南稜 テント泊

010nannryou1004.jpg
10月4日(土)快晴
新宿を7:00に出発して10:00に舟山十字路に着き、阿弥陀南稜の樹林帯で休憩している、こじまさん、よこまつさん、たかいさん、たけいさん、いとうさん、そしてさとうさん。


011nannryou1004.jpg
本格的な登攀始まる前の広場が今日のテント場だ。前回の冬にテントを張った場所と同じ。
あまりに天気が良いので、表でミーテンングしている。
とっても気持ちが良い。静かで、景色が抜群
赤岳に登っている人や来週に行く権現岳に登っている人がよく見える。
水が得られないので一人約3リットルを持っていくのが重かった。

012nannryou1005.jpg
翌5日晴れ
6:30にテントを撤収して出発の準備をしているところ。
氷がテントにびっしりと付いていた。

013nannryou1005.jpg
阿弥陀岳に向かっての最後の岩場を登っている佐藤パーテー。
絵になる写真です。

014nannryou1105.jpg
快調に登り7:30には頂上に着いてしまった。
みんなとても元気がよい。
あまり天気が良くないように見えますが、そんなこともなく楽しい頂上でした。
この後、一般ルートから阿弥陀岳に登頂の松元班と中岳のコルで合流して、9:30には行者小屋につきました。
  1. 2008/10/06(月) 19:16:22|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月3日(金) 谷川岳 一の倉沢 南稜

001nannryou1003.jpg
この日は快晴でした。ヒョングリの高巻きの懸垂下降地点にて。緊張の表情のかわなさん、えもとさん。

002nannryou1003.jpg
同じ場所にて、と思いますが不明!

003nannryou 1003
7:30南稜テラスにて。朝日が気持ちがよい。空気も爽やか!

004nannryou1003.jpg
4ピッチ目のビレー点。あと2パーテーいたがいずれも群馬県警の救助隊の二人と、神奈川の消防のレスキュウ隊の人達だった。奇遇です。

005nannryou1003.jpg
馬の背で余裕のVサイン。それにしても気持のよいクライミングだ。

006nannryou1003.jpg
最終ピッチのフェースの下でビレーをしている二人。
この後、この壁の難なく登り終了点でゆっくり景色と雰囲気を楽しんで同ルートを下降した。
終了は9:30 まったくもって調子が良い。
2時間のクライミングだった。
終了点で休憩している写真がうまく載せられないので残念!

008nannryou1003.jpg
10:30下降してきた南稜テラスで余裕で本を読んでいるえもとさん。(実は準備で緊張していて置いてくるのを忘れたとのことでした。)

009nannryou1003.jpg
12:45ヒョングリの高巻きも終わり安全金にきたところでの写真。
天気の良さがわかる一枚です。
この後、13:00には出合いつきました。
やっと念願の南稜に登れました。前2回は雨でした、それでもあきらめなかった二人だからこその素晴らしい登攀でした。




  1. 2008/10/06(月) 18:53:30|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0