FC2ブログ

(旧)浦山クライミングスクールブログ

浦山クライミングスクールブログをご覧いただき、ありがとうございます。
当ブログはhttp://urayama-school.blog.jpに移行いたしました。
5秒後に自動的に移動いたします。 移動しない場合は、上記URLをクリックしてください。

3月30日(月)晴れ 越沢バットレス

越沢バットレス
3月30日(月)晴れ
気持のよい気候の中、クライミングをしました。
写真は左のクラックを登り終わってこれから第二スラブを登ろうとしているところ。

越沢バットレス
第二スラブを登攀終了して、少しだけリラックスの表情。
スポンサーサイト



  1. 2009/03/31(火) 09:13:07|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

丹沢 モミソ岩 レスキュー訓練

モミソ岩 レスキュー
3月29日(日)晴れ
10:00~16:00まで丹沢のモミソ岩でレスキュウー訓練をしました。
写真は懸垂下降中に止まる技術を訓練しているところ。
1/1,1/2,1/3のプルアップと確保中にコブの通過も練習しました。
  1. 2009/03/31(火) 09:08:27|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月20~22(金~日)八ヶ岳赤岳主稜と大同心稜

アイスキャンデー
3/20 晴れ 暖かい
赤岳鉱泉 アイスキャンデー  14:00頃
入山日
みんなでアイスクライミングを楽しんでいるところ。
主稜
3月21日 快晴
今日はみんなで主稜を登った。
9:00に文三郎尾根に着いたらすでに11人のパーテーが取り付きで順番待ちをしていたので、私達は右側から1ピッチ目をカットして登る。
主稜
こんないい天気だった。
主稜
上部岩壁の始まるところで順番待ちをしているところ。
結構みんな余裕の表情!
主稜
10:30頂上で休憩しているところ。
なんと、1時間30分もかからないで登ってしまった。
風も少なくとてもよかった。
主稜
下山途中からとった主稜の一枚
まだ沢山のパーテーが登っていた。
翌日は大同心稜だったがあいにくの吹雪になり、大同心の壁まぎままで行って撤退した。
  1. 2009/03/23(月) 10:06:15|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月18日(水)快晴 ただし花粉がデンジャラス

二子山 中央稜
3/18(水)晴れ
二子山中央稜に行ってきました。
とてもよい天気で、壁のコンデションもよく快適なクライミングが楽しめました。
ただ、マルチピッチ初デビューの○○さんは終始緊張していましたが、それでも標準タイムで完登できました。えらい!
◎◎さんは、何度も練習しており落ち着いたクライミングができました。
3ピッチが終わり休憩しているところ。
この日はこんないい天気なのに、誰もいませんでした。
スクール参加ありがとうございました。
  1. 2009/03/19(木) 21:10:48|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月13,14(金土)安達太良山

006adatara312.jpg
13:00安達太良山頂上!
3月12日(曇りのち吹雪)
天気が悪くなる予想でしたので、今日中に頂上を踏みました。
雪は少ない。
登山道も雪が固く順調に高度を稼げました。
安達太良
頂上直下で風をよけて休んでいるところ。
安達太良
黒金小屋に向かって下っているところ、このときは青空も見えていた。
とてもきれいな雪面でした。
みんなで感激しているところ。
安達太良
黒金小屋に着いた。
14:00
安達太良
黒金小屋の温泉はとてもよかった。
とにかく、よかった。
小屋もすいており、楽しい小屋生活ができました。
安達太良
3月13日(土)吹雪
帰り道にて。
一晩中風が唸っていた。朝方は雨も降った。
スキー場に着いた頃は最高に吹雪いていた。車が動く程度の風と言えばわかるか。
  1. 2009/03/14(土) 21:14:13|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

甲斐駒ケ岳 3月

甲斐駒ケ岳
中央稜を狙いました。
雪が深く、また風が異常に強く7.8合目で撤退しました。
風の強さは、私でも体が持っていかれる強さです。ここでこの強さの風は予想外でした。指の感覚がすぐになくなる体感温度でした。
少し下った場所で風がよけられるところで撮った一枚です。
  1. 2009/03/14(土) 20:53:58|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月5日(木)晴れ谷川岳 東尾根

東尾根3月5日
快晴の一の倉沢出合7:00頃
最初の右斜面から大規模な全層雪崩がでているにですがわかるかな~。
これから東尾根に向かう。
参加者1名
3月5日東尾根
同じく一の倉出合にて。
東尾根3月5日
一ノ沢9:30 出合いから2時間以上たっているがラッセルが厳しくシンセンノコルにまだ着かない。ここまで来てもまだ膝上のラッセルだ。
これでは今日中の登攀、登頂は難しいと判断して残念だが下ることとする。
シンセンノコルを振り返って。
東尾根3月5日
その時の写真です。
10:00頃
3月
左方ルンゼの氷はよく発達していました。
3月5日東尾根
振り返って烏帽子大氷柱がよくできていました。
今なら登れるよ!
出合いで3千回おじさんに会いました。水の調査にきていました。
この後、マチガ沢で大休憩してかえりました。
  1. 2009/03/05(木) 22:52:07|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

越沢バットレス3月2日(月)晴れ

005koizawa302.jpg
3月2日(月)晴れ
越沢バットレス
1名参加
この日は2本登りました。貸切
右の滑り台とのこぎりでした。
終了して岩場の基部で。
  1. 2009/03/05(木) 22:33:58|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月28日(土)

002takatori228.jpg
2月28日(土)晴れ
鷹取 電光クラック
2名参加
最初はこの岩場独特の、インナーホールドに手こずっていましたが、次第に慣れてきて上まで登れました。
それにしても、今日は雨の予想だったが晴れてくれた。
鷹取
ゲート近くの岩場に移動して、登る。岩場が変わるとまた感覚が変わるようで、登りずらそうだった。
でも登ったよ。
それにしてもここは鷹がすぐ近くをたくさん飛んでいた、名前の通り。
  1. 2009/03/05(木) 22:26:55|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0