FC2ブログ

(旧)浦山クライミングスクールブログ

浦山クライミングスクールブログをご覧いただき、ありがとうございます。
当ブログはhttp://urayama-school.blog.jpに移行いたしました。
5秒後に自動的に移動いたします。 移動しない場合は、上記URLをクリックしてください。

5月23,24日(土日)白馬岳

白馬岳
5月23日(土)晴れのち雨
15:30頃白馬乗鞍に向かう途中の天狗平で休んでいるところ。

白馬岳
17:00過ぎ
白馬大池
風邪のよけられる小屋の影に張る。
テントを張り終えたところ。

白馬岳
5月24日 雨のち曇り
朝まで強い雨だったので出発を6:00まで遅らせて様子を見た。
天気もはっきりせず白馬頂上は雪が予想されたため、小蓮華まで行くことにして、その途中。
道は蓮華の登り以外は夏道が出ていた。

白馬岳
8:00に小蓮華の頂上に着く。
青空も出たりすぐ雲がかかったりと目まぐるしく天気が変わる。
天気が安定していない。
雷鳥も何度も見た。(天気が悪いと必ず出てくる)
こんな時はろくなことがないので、やはり下山と決めてテントに帰りことにする。

白馬岳
9:30前にテントに帰りつきゆっくりとテントを撤収して小屋泊まりの後続隊を待つ。
10:30に後続隊が来た。無理をせずここ大池までとして下山する。

白馬岳
14:00頃
下山してロープウエイ駅でかたずけをしているところ。
この後、下まで降りたころから本降りとなってきた。

スポンサーサイト



  1. 2009/05/25(月) 09:10:32|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガイドの総会 5月19日

ガイド総会
19:00頃
携帯のカメラで撮りました。
ガイドの総会が終わって、懇親会の様子。
すごいピンボケでなにがなんだかわからないですね。
  1. 2009/05/20(水) 22:07:23|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

氷川屏風 5月17日曇りの晴れ

氷川屏風
5月17日(日)前日夜 朝の集合が大変なので氷川キャンプ場のバンガロウに夜集合する。
その時の食事の風景。
20:00ころ

氷川屏風
当日は雨の予報だったが、良いほうに外れてくれて雲りで午後からは何と晴れてしまった。
嬉しいはずれだった。
4級ルートで登っているところ。

氷川屏風
14:00登り終わって記念写真。
他にパーテーはいなかった、のびのびとクライミングをすることができた。
みなさんお疲れ!

  1. 2009/05/18(月) 21:35:01|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月14日(木) 晴れのちみぞれのち風雪!

中央稜
5月14日(木)  この時点では晴れ 肌寒い
5:45
夏道を5分登ったところでアイゼンを付けている二人。この下の沢はもう沢が出ていた。

中央稜
6:30
中央稜とり付きにて
順調に登ってきた。
昼から天気が崩れる予報のため、早く終了する中央稜に変更する。
これが後でこうを奏する。

中央稜
中央稜の核心部を終わったピッチ
このとき鷹の巣が近くにあるようで再三ヘルメットをめがけて攻撃してきた。
アンナの近くに鷹の目を見たのは初めてだ。

中央稜
5ぴっち目だったか?

中央稜
9:30
終了点にて。

中央稜
13:30
この後、中央稜の核心部を下降中から雨が降り出し冷たい風が吹いてきたらなんとみぞれになりそして風雪になってしまった。
しばらく写真が撮れる状況ではなかった。
テールリッジのスラブを下降中にやっと少し落ち着いてきて写真を撮れるようになった。
中央稜
終了点から撮った、滝沢スラブの様子。

まだ天気が良いのがよくわかる。
中央稜

やっと雪渓に入り安全地帯に着いて登ったんだのポーズ
まだ顔が険しい。
この日は私達だけだった。
二人ともあの天気でよく頑張りました。
お疲れ様!
  1. 2009/05/15(金) 06:27:23|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月9,10日(土日)快晴 富士山

富士山
5月10日(日)晴れ
6:30ころ
6合目
写真に写っているロシア人二人を案内する。

富士山
7合目付近
手前に映っているのは木本ガイドです。
今回一緒に仕事をました。

富士山
8合目で休んでいるところ。

富士山
本8合目から上を見上げたところ。
写真のように沢山のボーダーやスキーヤーそして登山者がいました。

富士山
11:30
頂上に着いた。
寒そうだがこの時期にしては寒くない。

富士山
13:00
剣が峰の頂上にて。
彼が持っているパッケージの当人です。

富士山
若い彼はネパールのおまじないの旗をかかげていた。
このあと、お鉢を一周してから下山しました。
  1. 2009/05/11(月) 18:28:10|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月2日~4日 谷川岳~平標山 縦走

天神尾根
5月2日(土)晴れ 暑い
平標山への縦走を目指して天神尾根を登る。見上げる天神尾根。

谷川岳頂上
13:30ころ
肩の小屋で休憩
ここまでは登山者が大勢いた。

縦走路
これから縦走する尾根を見る。

オジカ沢の頭付近
15:00ころ
オジカ沢の頭を過ぎての稜線で一休み!
気分がよい。

大障子の避難小屋
17:00に大障子の避難小屋に着いた。
小屋も大きく床もきれいなのでテントを張らず中で宿泊することにする。
他に誰もおらず、私達8人のみ。

大障子の避難小屋
食事の風景、食料を担当してくれた人たちのおかげ美味しいとん汁を食べることができました。
20:00就寝 暖かく快適でした。
万太郎山
5月3日(曇り)
小屋を6:00に出発。
万太郎山には9:00に着く
逆コースで3人に会う。今日中に谷川に行って降りるという。
エビス避難小屋
エビス避難小屋にて休憩
だいぶ疲れが出てきた。
仙ノ倉
12:00 仙ノ倉に着く。これで今日の登りは終了。ほっとする。
ここまで来るとまた登山者が多くなってきた。
燕がやたらとたくさん飛んでいた。
平標山テン場
13:30 平標山のテント場に着く 
テント泊
最後の泊まり場 小屋が営業しているので
水もありビールもありで楽しいミィーテングになる。
元橋駐車場
7:00前にテントを畳んで出発する。曇り
すぐに車道に着いて山菜を採りながらゆっくり元橋の駐車場に向かう。
10:00前駐車場に着いてバスを待つ間濡れたものを乾かしたり、こごみを茹でて食べたりしているところ。のんびり~!
気分は最高。
  1. 2009/05/06(水) 08:15:55|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月28日~30日 剣岳

剣
4月29日(快晴)
7:00頃、平蔵谷入口
剣
その平蔵谷で休憩しているところ。
剣
平蔵谷の中間地点で休憩している。
天気が良くて雪も緩んでいる。ラッセルがつらい。
剣
タテバイの手前で休んでいるところ。
剣
11:15 快晴の剣 登頂の二人
このとき、二人のスキーヤーがこの頂上からなんと滑っていた、すごい!!
剣
剣沢と立山を望む!
剣
下山の途中の剣沢にて。14:00ころ
剣
15:30テントの前で登ったのポーズ
嬉しそう。
剣
4/30快晴
朝早くテントを映す。
剣
前日テントを張った大学山岳部の学生が雪訓に出発するところ。
剣
黎明の剣、それにしても美しい。
剣
帰り道の姿、まだ荷物が重い!
でも心地よい満足がある。4/30朝8:00ころ


  1. 2009/05/01(金) 22:49:33|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月25,26日(土日)風雪 西穂高

西穂
この日は西穂高の独標に行く予定でしたが、写真のように新穂高温泉の中尾でご覧のように雪になり残念ながら山は中止にして焼岳への道を途中までトライする。
西穂
遠くに見らるる白水の滝も雪に霞んでいる。それほど天気が悪かった。
  1. 2009/05/01(金) 22:26:23|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0