FC2ブログ

(旧)浦山クライミングスクールブログ

浦山クライミングスクールブログをご覧いただき、ありがとうございます。
当ブログはhttp://urayama-school.blog.jpに移行いたしました。
5秒後に自動的に移動いたします。 移動しない場合は、上記URLをクリックしてください。

7月26日から30日 槍ヶ岳登山 成城学園

成城
7月28日(火) 雨のち晴れのち雨
朝 5:00燕山荘を出発する時。
中学生は26人でした。
総勢先生方5人、ガイド3人でした。
このときはまだ、霧雨でしたが、しだいにガスもとれ晴れてきました。
天気予報とにらめっこで、気をもみました。

成城
西岳付近のピークからみた槍ヶ岳。
11:30ころ
このころはまだ晴れていました。
東鎌尾根に入る頃から雨が降ってきました。
晴れたのは西岳ヒュッテまでした。

成城
東鎌尾根も終わり日被いた15:00頃の大槍ヒュッテ
この後、雨の槍の肩の小屋に17:00に着きました。
雨で槍の穂先には残念ながら登れませんでしたが、中学生はよく頑張りました。
12時間の行動でした。

成城
一晩中土砂降りの雨でした。
7月29日(水)雨
朝7:30出発の風景
槍ヶ岳肩の小屋

成城
15:00
上高地河童橋での集合写真
先頭は何と一時間もかからずに横尾から着いた。
さすがに強い中学生!!

成城

7月30日(木)曇り
朝8:00
宿泊した西糸屋の前で記念写真。
この日は帰るだけなのでリラックスのみなさん。


スポンサーサイト
  1. 2009/07/30(木) 20:05:10|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤岩尾根 久し振りの登攀7月23日(木) 曇り

赤岩尾根
7月23日(木) 曇り
11:00頃
赤岩岳の登りで。
このときはまだ曇りで、ガスも強かったためこのような映りになりました。

赤岩尾根
11:30
赤岩岳の頂上で一休み。
皆これからどんな登攀が始まるのか不安と期待でこのような写真になりました。
手前はお手伝いをお願いした、K&Kさん。

赤岩尾根
14:45
八丁岳での記念写真。
今回の参加者全員。
ここまでピークを13ケ越えてきた。
これでもう登りはほとんどない。
お疲れ!

赤岩尾根
同じところでの写真。
赤岩尾根は両神山の支尾根です。
マイナーなところですが面白いルートです。
皆さんもぜひどーぞ。


  1. 2009/07/23(木) 22:35:21|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

阿弥陀南稜 7月18,19日(土日)

阿弥陀南稜
7/18(土)曇り時々雨
高速が渋滞して、舟山十字路に着いたのは12:00になってしまった。
旭小屋経由で樹林帯で休んでいるところ。

阿弥陀南稜
15:30青なぎでテントを張る。

阿弥陀南稜
テントだけでは収容できないので、ツエルトで2人が宿泊する。
この夜は、あまり冷え込まず暖かく寝ることができた。

阿弥陀南稜
7/19(日)
曇りのち雨
5:30にテントを撤収して出発しましたが、岩峰の手前で雨になり撤退しました。
その時の写真です。
この後、同ルートを下山して、阿弥陀岳一般ルートからのパーテーと美濃戸バス停で合流して延命の湯に入って帰京しました。
赤岳鉱泉は談話室まで布団がひかれるほどの、大賑わいだったそうです。
  1. 2009/07/19(日) 21:10:51|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小川山 7月14,15日(火水)

小川山
7月14日(火)快晴 暑いが涼しい。
思ったよりたくさんのクライマーが来ていた。
フェニックスのお岩を登っていいる。

小川山
上部のクラックの登攀 4級

小川山
同じく。

小川山
同じ。
この日はここで終了して、買出し、お風呂、ミーテーングをして9時過ぎに就寝しました。
今回初めて、バンガローに寝ました。

小川山
バンガロウーに泊まったので、朝食はあずま屋にて食べました。

小川山
7月15日(水)快晴
今日はガマスラブで登攀開始。

小川山
同じ。

小川
それぞれの登り方です。

小川山
11:00まで楽しんで、スラブ場岩壁に移動しました。

小川山
4級ルートで楽しんでいる二人。

小川山
順番にルートを登って楽しみました。
  1. 2009/07/15(水) 22:14:54|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小川山
7月11日~12日(土日)曇り時々晴れ
初めての小川山の二人。
フェニックスの大岩で久しぶりのクライミングを楽しんで、
キャンプでのミーテングを楽しんでいるところ。
いつもなら大変に込んでいるのだが、この日は割に空いていた。?
師匠にもお風呂であいました。

小川山
7月12日曇り
ガマスラブでクライミング。

小川山
もうこのころにはスラブのフリクッションを楽しんでいました。

小川山
ガマスラブから岩稜を頂上まで登っているところ。
これも三つ峠以来のマルチピッチです。
まだ緊張している二人。

小川山
登攀も終わって反対側を懸垂下降しているところ。

小川山
同じく下降しているところ。
十分に楽しめた二日間でした。
キャンプも楽しみました。
参加ありがとうございました。
  1. 2009/07/13(月) 17:01:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富士山登山 6月27,28(土日) 曇り

富士山 6月27,28(土日)
K&Kさんが富士山の写真を送ってくれました。
単独
頂上に一泊したものです。
写真のように今年は雪が多い。

富士山
頂上から見下ろした鳥居です。

富士山
噴火口の写真です。
この中の中段にある広場でテント泊しました。

富士山
測候所の遠望です。
手前が雪かきしてある。

富士山
測候所でのK&Kさん。

富士山
レーダードームの無い測候所
このレーダードームは富士吉田の記念館にあります。

富士山
スバルラインから登って右に行くとある方位盤
皆さんもぜひ写真を送ってください。
掲載します。
  1. 2009/07/09(木) 08:44:18|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

立山三山縦走 7月6,7日(月火)

立山
7月7日曇り
立山の頂上の神社にて。9:00ころ
ガスで何も見えない。
当初の計画は梅雨の中休みを狙って薬師岳まで縦走の予定でしたが、明け方まで雨が降っておりまた明日以降予報も良くないので無理をせず、立山三山縦走に切り替えました。
一の越山荘は私達二人を含め3人だけでした。聞いたらその人も薬師方面に縦走の予定だが天気が悪いので雄山を登って帰るとのことでした。

立山
大汝の頂上にて。

立山
真砂岳に向かう途中にて。
ガスの様子が分かる写真です。

立山
真砂岳の頂上にて11:00ころ

立山
別山の頂上にて。
天気が悪いので雷鳥をたくさん見ました。
岩の上で寝そべって休んでいる雷鳥もいました。
また、雷鳥平に下る途中でおゴジョが獲物(ネズミかな)をくわえてブッシュの中に消えてて行くのを見ました。
13:00過ぎには室堂に着いてそのまま下山しました。
  1. 2009/07/08(水) 13:53:36|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

尾瀬 7月4~5日(土日)

尾瀬
7月4日(土)曇り
初めて尾瀬に行ってきました。
鳩待峠11:0ころ
天気はあまり良くないのだが雨が降らず、良かった。
それでも人は沢山いた。

尾瀬
竜宮に向かっているところ。
13:00ころ
お花か沢山咲いていました。
ニッコウキスゲ、レンゲつつじ、あやめ、 大きな水芭蕉等
レンジャーステーションで知ったのですが水芭蕉は熊の好物だそうです。

尾瀬
見晴らしに向かう途中でお昼寝をしているところ。
気持ちよかった!
尾瀬にはお昼寝がよく合います。(笑い)
尾瀬に沢山の人が訪れる理由がわかりました。
撮ってもきれいでした。

尾瀬
燧ケ岳の頂上にて。10:00頃
美女と尾瀬沼
夜中は雨が降ったのですが7/5朝から雨は上がって少しだけお日さまも顔を出してくれた。

尾瀬
尾瀬沼ビジターセンター近く14:00ころ
棉スゲが沢山咲いていました。
この後、会津に出てかけ流しの温泉ととてもおいしいおそばを食べて帰りました。
  1. 2009/07/08(水) 13:37:07|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鷹巣谷

鷹巣
沢の入り口にて
11:00 入谷
曇り
鷹巣
中間部の滝

鷹巣
20mの大滝の下で。
この右側を登ります。
鷹巣
滝は2段に分かれており下の段を登っているところ。
鷹巣

13:20大滝登攀終了。
満足の二人
この後、仕事道をたどって帰る予定でしたが道がなくなっており(あるかもしれないが判然としない)稲村岩尾根道を通って帰りました。
40分ほどの登りになりました
結構きつかった!
そのためバス停に着いたのが16:30になりバスが行ってしまった後でした。
お疲れさまでした。
参加ありがとうございました。


  1. 2009/07/03(金) 11:37:24|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0