FC2ブログ

(旧)浦山クライミングスクールブログ

浦山クライミングスクールブログをご覧いただき、ありがとうございます。
当ブログはhttp://urayama-school.blog.jpに移行いたしました。
5秒後に自動的に移動いたします。 移動しない場合は、上記URLをクリックしてください。

5月25日 晴れ 榛名山 黒岩

黒岩
6月25日(水)晴れ
黒岩
快晴になりました。
リードしているTさん。

黒岩
同じくリードするHさん。

黒岩
岳友会ルートを登っているHさん。

黒岩
同じくTさんです。
前日まで雨で、この日の後も雨の予報の中このようにはれて良かったです。
三つ葉つつじが綺麗でした。
スポンサーサイト

テーマ:クライミング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/05/26(木) 10:10:00|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月20日(金) 榛名山 黒岩

黒岩
5月20日(金)晴れ
暑いくらいの快晴になりました。
5・9のルートをリードするAさん。
誰もいないゲレンデなのでのんびりゆったりできました。

黒岩
5・9のクラックルートをビレイするAさん。
楽しく充実したクライミングができました。

テーマ:クライミング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/05/23(月) 10:04:54|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

変チ
5月16日(月)晴れ
Mさんと変形チムニーを登る。
チムニーを登って来たところ。
濡れていることが多いチムニーですが、この日は乾いていました。
シーズン初めなので浮き石が多い。
今回も誰もいない。私達だけでした。

先週と比べて南稜テラスの雪は大分小さくなった。

変チ
変チから中央カンテにトラバースするところ。

変チ
4畳半テラスに上がってくるところ。
今回はフリーで核心部を登れました。おめでとう!
出合5:45~取り付き7:00~終了10:00~出合12:45
天気も良く、快適な登攀ができました。
  1. 2011/05/17(火) 10:49:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南稜
5月9日 晴れ
抜群の天気の中、一の倉沢、南稜を登る。
取り付きにまだ雪渓がある。

南稜
同じ南稜の写真。
今回参加してくれた、Yさん、Yさん、Iさん。

南稜
馬の背
岩は乾いており快適!!

南稜
最後のフェース

南稜
終了点から見た、大雪崩。セッピの崩壊によるものです。3分ほど続いていました。
久々大きかったです。
写真では分かりづらいのが難点!



南稜
登攀を終了して、テールリッジで休んでいるみなさん。
他にパーテーはなく、実に気持ちの良い登攀ができました。
ありがとうございました。


  1. 2011/05/09(月) 21:18:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

剣
5月4日 曇り時々晴れ
入山日
大型連休前半の悪天をまだ残しているような天気の剣岳です。
雲で頂上が見えない。
この日は13:00過ぎに剣山荘に入る。
泊り客は案外に少ない。

源次郎
5月5日 快晴
4時30分に小屋をでる。
5:00取り付き。
やっとスカッと晴れました。
源次郎尾根を快調に登って、尾根上の小コルに着いたところ。
お茶を飲んでいるHさん。

剣
Ⅰ峰上部正面壁
同じ場所から見た写真です。右のほうに10年ほど前に登ったストーンブリッジのラインが見えます。

源次郎
Ⅰ峰の頭に登ってくるところ。
ガンガン登ってくる。

源次郎
Ⅱ峰から懸垂下降をしている先行パーテー。
その先を行くパーテーも見えます。
ここで少し順番待ち。

源次郎
懸垂下降を終わったところ。

源次郎
先行パーテーが源次郎尾根上部を登っている。
頂上も良く見えます。

源次郎
8:45 頂上に到着。
快調な登攀をしたHさん。
すばらしい!!
日本海から槍が岳、鹿島槍等全てが良く見えました。
スキーヤーをはじめ2パーテーがすぐ後に登ってきました。


源次郎
12時前に小屋に帰ってきました。早い!
天気に恵まれ、やっと雪も安定して快適な登攀ができました。
喜んでいるHさんです。
おめでとうございました。
  1. 2011/05/07(土) 11:59:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月29日~5月2日 蝶が岳

蝶が岳
4月30日(土)強風~雷雨
4月29~4月2日の予定で穂高に入る予定でしたが、涸沢の大規模な雪崩で横尾から先が28日まで通行止めになっていたことやまだ雪が安定していないことも含めて、蝶が岳に急遽変更した。

樹林帯を抜けると凄まじい風があり小屋まで向かうのは危険だと判断して写真のように撤退する。
写真は稜線から降りてくるみなさん。

蝶が岳
同じ場所です。
この後下山しましたがすぐに雷雨となり雷が間髪をおかずおそってきました。
まったく天候が安定しない一日でした。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/05/03(火) 07:54:42|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0