FC2ブログ

(旧)浦山クライミングスクールブログ

浦山クライミングスクールブログをご覧いただき、ありがとうございます。
当ブログはhttp://urayama-school.blog.jpに移行いたしました。
5秒後に自動的に移動いたします。 移動しない場合は、上記URLをクリックしてください。

日向和田 カーネルロック

カーネルロック
9月29日 晴れ
暖かい一日でした。
日向和田にあるカーネルロックに行ってきました。
本にある通り「こじんまり」とした岩場でした。
参加者は、KさんとOさんでした。
初心者に楽しめる岩場です。
スポンサーサイト



テーマ:フリークライミング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/09/30(金) 10:00:11|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月23~25日 北鎌尾根

北鎌
9月24日 晴れ 寒し
前日は雹も降って思いのほか寒かったが今朝も冷え込んだ。
4:00前 大天井ヒュッテを出るところ。

北鎌
6:00 天井沢に着いた。

北鎌
暖かい日がさす中、北鎌尾根の登攀が始まった。
空気は冷たいが快晴だ!

北鎌
独標の上で一休み。
今日は沢山の人が登っていました。

北鎌
槍がとてもよく見えた。

北鎌
休憩中
少し疲れたかな?

北鎌
北鎌平に着いた。
穂先まではもう一息だ!

北鎌
槍の穂先のすぐ下です。

北鎌
13:40
穂先に着いた。
今日は快晴の穂先に着いた。
登頂おめでとう!
みなさんよくがんばりました。

北鎌
天気が良いので沢山の人たちがいました。

北鎌
登頂を待つ人たちの長い列が出来ていました。
2時間から3時間待ちだそうです。
天気が良いので集中したのでしょう。
写真ではよくわからないのですが小屋の前も沢山の人がいました。
相当の混雑が予想されたので、私達は殺生ヒュッテに泊まりました。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/09/26(月) 10:47:29|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鷹取 フリークライミング

鷹取
9月20日 曇り
予報は雨でしたが、クライミング中は雨が降らずクライミングを楽しみました。
11のルートを登るAさん。

他にクライマーはおらず、海上保安庁の特殊救難隊が怪我人の救助訓練をしていました。
制服とともにがカッコよかったです。

テーマ:フリークライミング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/09/21(水) 11:22:43|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蓮華温泉~白馬 9月17日~19日

蓮華温泉
9月17日(土)雨
蓮華温泉に14:00に到着。雨だったですが露天風呂に入りました。
良い温泉でした。

白馬
9月18日(日)晴れ
予報は雨でしたが、雲は多いものの雨も降らず良い天気になりました。

白馬岳に14:30に到着しました。

白馬
9月19日(月)晴れのち曇り
出発まで時間があったので、もう一度希望者だけで白馬岳に登り剣の写真を撮りました。

白馬
大雪渓の下降途中の草地でアイゼンを準備する。
今回は台風の影響で雨が心配されましたが、良い天気の中縦走することができました。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/09/21(水) 11:17:51|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月9日(晴れのち雷雨) パート3 スネークダイク 


ヨセミテ
9月9日(金)
この日は休養日だったのですが、天気予報を見ると今日が30%の確率で明日以降は、週末まで50%確率でさらに悪いので連続の行動だったが、友人二人と登ることにした。
ネバダフォールの登りに入る手前からこの岩を目印に左に踏み跡を入ります。
5時キャンプ出発
分岐点6:30

ヨセミテ
アプローチのスラブから見たロストレークです。

ヨセミテ
そのアプローチのスラブです。
傾斜は写真より急です。
下から見たときはロープを出さなければダメかなと思うほどでしたが、行ってみるとちゃんと踏み跡とケルが積んでありました。

ヨセミテ
9:00過ぎに取り付きに着きました。
先行パーテーが2組いました。
私達の後にさらに一パーテーがいました。
みんな天気予報を見て今日に集中したのだろう。
ルートは小さいハングの左側です。右に行くのはルートではありません。
ハングを左にトラバースするのですが、つるつるでここが一番の核心部でした。
すぐ上に安定したビレー点がありました。

ヨセミテ
同じ写真です。

ヨセミテ
2ピッチ目
クラックはやさしい。
後続する二人。

ヨセミテ
左のダイクにトラバースするスラブです。
先行はーテーはイギリスから来たと言っていました。
セカンドは女の子でした。
いろいろとお話ししました。

ヨセミテ
そのトラバースをするKさんとCさん。

ヨセミテ
やっとダイクに入りました。
確かにランナウトするが豪快だ。
エンジョッイ!

ヨセミテ
先行する二人。
壁がでかい!

ヨセミテ
12:00に登攀を終了して、スラブフォーエバーを30分登って頂上に13:00に着きました。
おめでとう
このスラブが一番体力がきつかったです。
写真から分かるように、後の雲から雨が降っているのが良く分かります。
下りの樹林帯に入ってから雷雨になりました。
17:00にバス停に着きました。
二日間続いたのでみんな疲れました。
ビックなクライミングができました。
登攀中は天気が良かったのでのどがカラカラでした。
ゴングラッチレーション![





テーマ:クライミング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/09/14(水) 10:55:48|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011年 ヨセミテ パート2 ハーフドームトレッキング 9月8日

ヨセミテ
朝5:00にキャンプを出発してバーナルホールの上の広場で休んでいるところです。

ヨセミテ
ネバダフォールを背景に撮りました。

ヨセミテ
最後の岩場の前で休んでいるところです。

ヨセミテ
これから登るところです。

ヨセミテ
ワイヤーを使って登っているところです。
右に座ったいる女性は怖くて座っている人です。

ヨセミテ
頂上です。

ヨセミテ
同じ写真です。

ヨセミテ
Yさんです。

ヨセミテ
下っているところです。
16:00にバス停に下ってきました。
そこにあったアイスとコーラがとても美味しかったです。


テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/09/14(水) 10:15:35|
  2. ヨセミテ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011年 ヨセミテ トレッキング パート1 9月5,6日

ヨセミテ
9月5日(月)晴れ
 サンフランシスコのベイエリヤにやっと着いた。
今回の参加者の、左からEさん、Cさん、Yさん、Kさん。

ヨセミテ
同じく、バスを待っているところです。

ヨセミテ
向かい側の、足場でワイヤーを張ってターザンロープ見たいに渡る遊びをしていました。

ヨセミテ
ストックトンの駅です。
ここから、アムトラックの列車に乗り換えます。

ヨセミテ
当然のことく、遅れている列車を待っています。

ヨセミテ
夜21:00過ぎにやっとマーセドのホテルに着きました。
途中、夕御飯をスーパーで買いだしをしたのですが、頼んだタクシーが来ず、治安のこともあり心配でした。

ヨセミテ
9月6日(火)晴れ
マーセド駅
朝、9:00 ヨセミテ公園に向かうバスをまっているところです。

ヨセミテ
12:00
ヨセミテ公園に着きました。
カーリービレッジのカフェでお茶を飲んでいるところ。

ヨセミテ
16:00
キャンプ4のゲレンデでクライミングを楽しみました。
Kさんです。

ヨセミテ
Cさんです。

ヨセミテ
Eさんです。

ヨセミテ
Yさんです。

ヨセミテ
ハーフドームです。

ヨセミテ
今回5日間泊まったテントハウスです。

ヨセミテ
キャンプ4にある、ボルダー岩の「ミッドナイトライトにんグのまで記念写真です。

ヨセミテ
9月7日(晴れ)
人気のグッレシャーポイントツアーでハーフドーム背景に写真です。
出発時間が遅かったので、午前中はエルキャピタンのクライマーを見に行きました。
3パーテーが登っていました。

ヨセミテ
そのハーフドームです。
っスネークダイクルートは、思ったより右側でした。

ヨセミテ
トンネルビュ―です。
バスの運転手はやっぱりずっとしゃべっていました。
明日は、ハーフドームトレッキングです。





テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/09/14(水) 10:03:23|
  2. ヨセミテ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月3,4日(土日) 鷹取

鷹取
9月3日(土)大雨が予想されたため1パーテーのみいたが時雨があった時点で早々に帰ってしまった。
そのため、好きなところでクライミングを楽しむことができた。
風が強くここでも砂嵐状態で顔がざらざらになった。
写真は、11のルートをトライしているところ。

鷹取
9月4日(日)
電光クラック付近を登っているところ。
時雨があったため、壁が湿っている。
今日は沢山のクライマーが来ていました。

テーマ:フリークライミング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/09/05(月) 08:40:43|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0