FC2ブログ

(旧)浦山クライミングスクールブログ

浦山クライミングスクールブログをご覧いただき、ありがとうございます。
当ブログはhttp://urayama-school.blog.jpに移行いたしました。
5秒後に自動的に移動いたします。 移動しない場合は、上記URLをクリックしてください。

北海道ニセコ パート2

イワオヌプリ
2月22日 晴れのち風雪
五色温泉からイワオヌプリに向かっているところです。

イワオヌプリ
雪源を行く。

アンヌプリ
2月23日晴れ
リフト終点からアンヌプリを目指す。
雪面がクラスとしているのでスキーは無理なのでアイゼンを付けて向かう。

アンヌプリ
風が強い頂上に30分ほどで着いた。
後に見えるのがアンヌプリの頂上だ。

アンヌプリ
ここは風がない。

チセヌプリ
同じ日。
天気が良いので、チセヌプリも今日中に登ることにする。
チセヌプリ
昼過ぎにチセヌプリの頂上に着いた。

チセヌプリ
頂上から必死に滑っている私です。

五色温泉
全ての登山が終わって千歳のスーパーで買った「ごっこ」を鍋にして食べました。
美味しかったです。白く浮かんでいるのはごっこの卵です。
スポンサーサイト



テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/02/27(月) 21:05:35|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北海道 ニセコ三山登山&山スキー 2月22~24日 パート1

イワオヌプリ
2月22日~24日までニセコの山登りと山スキーに行ってきました。
天気は晴れと曇りでニセコ三山を登ることができました。
天気に恵まれました。

ニセコに着いた当日22日(晴れ)、
五色温泉から
イワオヌプリに向かっているところです。
このときは天気は良かったのだが。

イワオヌプリ
イワオヌプリの頂上を見ています。

イワオヌプリ
けっこうな急傾斜です。
私は山スキーが初めてなので滑りまくりでした。

アンヌプリ
アンヌプリです。
良く見えていました。

イワオヌプリ
16:00前
イワオヌプリの頂上に着きました。
ガスっていて何も見えませんでした。

イワオヌプリ
スキーで下っている二人です。
OさんとAさんです。
この頃からホワイトアウトになりました。

アンヌプリ
2月23日晴れ
アンヌプリを登りました。
頂上のすぐ下で撮った写真です。
OさんとAさんです。
頂上はあまりに風が強くて写真が撮れませんでした。

アンヌプリ

天気が良いので沢山のスキーヤーがアンヌプリの頂上に向かって登っていました。
頂上から滑れるのはすごいなーというのが素直な感想でした。

チセヌプリ
アンヌプリが順調に登れたので、チセヌプリも登りました。
頂上でのAさんです。
アンヌプリ程風が強くありませんでしたので写真が撮れました。
二人は問題なく登りそして下りましたが、私は昨日が初めてなので苦労しました。
でも、スキーで頂上まで行けたのですよ!
下りは怖くてターンのたびにこけながら下りました。でも面白かった~!!

五色温泉
24日風雪
昨日からずっと雪でしたので無理をせずアンヌプリの北麓をスキーで散歩をしました。
今回泊まった五色温泉のコテージの中です。
自由に炊事ができて暖かくそして温泉もとてもよかったです。
今年5月の残雪期に、同山行を予定しています。
ぜひ一緒に登りましょ言う。


テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/02/25(土) 10:45:57|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シーラカンスその3 2月20日 晴れ

シーラカンス
2月20日(月)晴れ
再度、シーラカンスをアッタックしてきました。
当日の写真です。
いかにも登れそうなのだが。・・・。

2:30取り付き。シーラカンス


1ピッチめがどうしても突破できず。今回も敗退しました。
悪い氷が前回のアタックよりさらに悪くなっていました。
ムムムです。

シーラカンス
今回一緒に登ってくれたICI登山本店にいるガイドの青木さんです。

シーラカンス
真下からの写真です。

シーラカンス
下降してくる青木さんです。

シーラカンス
20:00にやっと谷川温泉に着きました。
写真がブレています。
青木さんなのですが。

途中、イノシシの3匹と一緒に行動しました。

シーラカンス

私です。
どうすれば登れるのか。
もっと良い状態の時があるのか?
雪崩は、氷の崩壊は。


テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/02/21(火) 19:01:55|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

2月17日~19日 八ヶ岳アイスクライミング

アイスキャンデー
2月17日~19日
八ヶ岳
初心者アイスクライミングスクールをしてきました。
17日 曇り
アイスキャンデーで初めてのアイスクライミングをしているみなさん。
少し寒かったです。

キャンデー
18日曇り
寒い一日でした。
最初にもう一度キャンディーを登って練習しているところ。

ジョウゴ沢218
その後
ジョウゴ沢をF2まで登って来ました。
F2の下での皆さんです。

小滝
19日 晴れ
やっと晴れました。
日差しが暖かいです。

南沢小滝に移動して登りました。
小滝219その二
決まっているスタイルのHさんです。

今年2番目に寒い中みなさんよく登りました。
3日目には登り方も余計な力が取れてきて大変良くなってきました。

大滝
最後に南沢大滝を見てきました。
今年はさむいので良く発達していました。
次はここを登りたいと希望していました!

テーマ:クライミング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/02/21(火) 12:07:11|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湯河原 幕岩 2月

幕岩
2月15日(水)曇り
曇りで肌寒い一日でした。
しかも、前日の雨で壁が濡れていました。
そんな中二人ともそれに合わせた登り方をしました。
合計7本登りました。
その、FさんとYさんです。

今年は寒いので梅の花も2割程度しか割いていませんでした。
梅祭りなので出店は沢山出ていました。

テーマ:フリークライミング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/02/16(木) 19:37:25|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雲竜瀑 2月14日 曇り



雲竜
2月14日(火)曇り
雲竜瀑を登ってきました。
全体の写真です。
今年は、やっとしっかりと出来ていました。

雲竜
1ピッチ目を登ってくるAさんです。

雲竜
3ピッチ目終了点から見ました。
2ピッチ目のビレー点でビレーしているAさんを撮りました。

雲竜
雲竜瀑を下ってきているAさんです。
この地点が1ピッチ目のビレー点です。
V字スレッドで下っているところです。
心を決めてしっかりと登って来たA さん登攀おめでとう!

テーマ:クライミング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/02/14(火) 21:29:30|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シーラカンス1ピッチ登攀 パート2

シーカンス
2月5日のシーラカンス パート2です。
Sさんが撮った写真です。
天神尾根を歩いているところです。

シーラカンス
巌新道から見たシーラカンスです。
スノーシューが絶大な威力を発揮しました。
シーラカンス
オジカ沢を詰めているところ。
何でもないようですが、スノーシューを履いていいてもラッセルが辛いのです。

シーラカンス
シーラカンスに向かって登り始めたところ。
途中から、傾斜が強くなったのでスノ―シューを取ったが、そこからがまたラッセルが厳しかった。
ここだけで2時間かかっています。

シーラカンス
シーラカンスを登り始めたところ。

シーラカンス
この後が、悪い氷になる。
さらに、日が当たっていたため氷からは大量のシャワーが注いでいた。
手袋も、上半身もびっしょりだ。

シーラカンス
1ピッチを登って撤退して帰るところです。

ウーム>・・・

テーマ:クライミング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/02/07(火) 19:48:14|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月5日(日)晴れ シーラカンス1ピッチ登攀 パート1

シーラカンス遠景
2月4日(土)晴れ
1人で水上までシーラカンスの偵察に行ったら、バッチリ出来ていた。
しかも明日は高気圧が張り出してくるというので、急遽Sさんに連絡して明日アタックすることにした。

シーラカンス
2月5日(日)晴れ
5:30に東京を出発して8:00に水上のベースプラザに着いた。
着いたときは小雪が舞っており9:00までベースプラザで様子を見た。

この写真は巌新道を下っているときに見たシーラカンスです。

しーらかんす
シーラカンスを目指してオジカ沢をつめている。
ここまでも、この沢もラッセルが非常に苦しい。
すっごく頑張ってくれているSさん。

シーラカンス
同じ写真です。
晴れているのは良いのだが、気温が上がりすぎだ!

シーラカンス
ラッセルを交代したところ。
辛い!

シーラカンス
やっとシーラカンスが見えてきた。
ラッセルはこの深さだ。

この後取り付きに着いたのは2時を過ぎていた。
何と、ベースプラザから5時間以上かかった。

シーラカンス
1ピッチ目
気温が上がりすぎたので気にはなったのだが。
下から見た感じでは、やさしそうに見えたが登ってみると大違いで思いのほか立っており、またこれは氷ではなくシャーベットを分厚くした感じでプロテクションが全く効かない。
非常に悪い氷をだましだまし登るしかなかった。
40Mでビレイポイントらしきところに着いたが、氷をたたくと直ぐに岩が出てきてしまい、しかも足場がどんどん崩れるので垂れ下がっている氷に背中を押しつけて、この氷と手で押し込むとすぐ入ってしまう氷に」支点を作ってしばらく考え込んでしまった。
あまりにも危険なのでこの日はここで下ることを決断する。
垂れ下がった氷にもスクリューを決めたが全く信用できない。
祈るような気持ちで懸垂下降する。

シーラカンス
取り付きに戻った私です。
生きてて良かったというのが正直な気持ちです。
15:40だったかな。

シーラカンス
今回のアッタクに一緒に登ってくれたSさんです。
よくぞ来てくれました!
ありがとう!!


シーラカンス
11年前に初登攀したピラニヤはまだ繋がっていない。

この後、巌新道を登り返してベースプラザに着いたときは9:00になっていました。
二人ともすっごく疲れました。
ありがたかったのは、ロープウエイの建物の自販機が動いていたことで暖かい飲み物とコーラが飲めたことです。
美味しかった!!!

パート2はSさんから写真が送られてきたら再度報告します。
それにしてもラッセルも、氷も厳しかったな~

テーマ:クライミング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/02/07(火) 12:26:37|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1