FC2ブログ

(旧)浦山クライミングスクールブログ

浦山クライミングスクールブログをご覧いただき、ありがとうございます。
当ブログはhttp://urayama-school.blog.jpに移行いたしました。
5秒後に自動的に移動いたします。 移動しない場合は、上記URLをクリックしてください。

ガイド研修イン琵琶湖のマキノ高原

研修
10月22~24日までガイド検定員研修で琵琶湖のアキノ高原に行ってきました。
その時泊った、ところです。

研修
お昼のお弁当です。
高島トレイルに行くともれなく着いてくるとても美味しいお弁当でした。
全て、地元産の食材です。
素朴以上に美味しかったです。

研修
地元のガイドのみなさんが、案内してくださった道の駅です。

研修
地元の有名なお寺です。

お寺
お寺にある、池にいる。鯉です。
有名な湧水です。
各家庭がこの湧水で生活しています。
その残飯を鯉が食べてリサイクルしています。

研修
琵琶湖です。

酒蔵
そのよいお水を使ってお酒を造っています。
酒蔵にもよりました。

研修
マキノ高原はここから始まります。
広々としていて開放的でとってもゆきとどいた山域でした。





スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/10/24(水) 21:54:13|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

徳沢園
10月16日 晴れ
上高地より徳沢園のキャンプ場に到着し、テントを張り終えたところ。
Oさんです。
13:30に着いたのでのんびり用意して、軽くミーテイングしてお昼寝して16:00からお風呂に入ってミーテングをしなおして19:00前に寝ました。
夜は、満天の星でした。

奥又白池
10月17日 晴れのち夜は雨
6:30にテントを出発して中畑新道との分岐点に着いた。

奥又白池
奥又白池に向かう途中の紅葉です。

奥又白池
爽やかな空気とあいまってより一層きれいでした。
綺麗!
涸沢もきれいですがここは人も少なく思う存分楽しめました。

奥又白池
前穂、北尾根のD壁、4峰正面壁が見えてきました。

奥又白池
9:40奥又白池に着きました。
天気もよく、暖かくのんびりできる場所でした。

奥又白池
6峰のたぬき岩もまじかに見ています。

奥又白池
前穂、明神岳もよく見えています。

奥又白池

奥又白池にの全景です。

梓川
新村橋から見た梓川です。

水不足で川がありません。

12:00に徳沢園に帰ってきて、この後こなし平に移動して14:30到着しました。

こなし平
10月18日 雨
こなし平です。
昨日は、お風呂に入って生ビールとチャーシューで乾杯して楽しいミーテーングでした。
素敵な紅葉と奥又白池を楽しむことができました。
Oさんよかったですね!



  1. 2012/10/18(木) 16:05:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月13,14日明星山 P6南壁 爽やかクライミング

明星山
10月13,14日 晴れ 明星山 P6南壁を登ってきました。
写真は、フリースピリッツの下部岩壁です。
元気に登って来るのは、Mさんです。
この日は、私達だけが登っていました。

明星山
下部岩壁の核心部、トラバースに入るところです。
トラバースが終わったビレー点から見ているところです。

対岸にある展望台には、観光の人たちが沢山壁を見ていました。

明星山
梅干し岩に立っているところです。
これから、難しい下り気味トラバースに入るところです。
ここは、セカンドがつらいピッチです。

明星山
上部岩壁に取り付いたところです。

明星山
鷹巣ハングのすぐ下のバンドをトラバースしているところです。
この後、14:00に終了しました。
この日は、8:30出発で駐車場に帰ってきたのは16:00でした。
夕方からは、日本海の美味しい魚と、アンコウ鍋でした。

明星山
14日 晴れ
今日は、左フェースです。
トラバースが多いので時間がかかりました。

明星山
トラバースが終わるピッチです。
この後、垂直の松の木登りが2ピッチ続く。
この日は、一パーテーがいたが、早くに帰ってしまった様だ。
昨日、の疲れがあり少々体が重い。
出発9:00でテント帰着が15:00でした。
土日なのに二日間とも晴れて、のびのびとクライミングを楽しむことができました。

テーマ:クライミング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/10/15(月) 06:15:30|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月10,11日 晴れ 三つ峠

三つ峠
10月10,11日晴れ
三つ峠に行ってきました。
都岳連のお手伝いでした。

両日とも快晴で暖かく、中身の濃いクライミングができました。
写真は中央カンテを登っているところです。

三つ峠
同じ場所です。

二人を担当しました。

三つ峠
二人ともとても積極て、岳ルートにトライしたいとの希望でしたのでそこを登りました。
3ピッチでビレーしている二人です。
怖がらずにのびのびとクライミングを楽しんでいました。

テーマ:クライミング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/10/12(金) 12:12:25|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月6日~8日 ジャンダルム縦走

ジャンダルム縦走
9月7日 曇り一時雨
前日夜に降った雨が屋までは雪になった。
独標から奥穂高方面を見た。
雪で白い。

ジャンダルム縦走
西穂高に向かう途中の様子です。

ジャンダルム縦走
天狗岳での皆さんです。

ジャンダルム縦走
12:00前に天狗のコルに着いた。
今回は、雪が降ったことと、時間がぎりぎりになったこともあり残念だが安全を優先してここから岳沢に下りました。

こなし平
唯一泊ることができたこなし平のバンガローです。
山は、特に10月の山は雪が降ることもあり「これも山です」。
上高地は連休のこともあり沢山の人がいました。

テーマ:クライミング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/10/09(火) 09:17:24|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月14日~17日 剣岳 6峰Cフェース、本峰南壁

剣
9月15日 晴れのち夕立
朝 5:30に剣沢小屋を出発するところ。

剣
剣沢でアイゼンを装着しているところ。

剣 Cフェース
長次郎雪渓を登っている。

Cフェース
中間部で雪渓が切れているため、左から巻いているところ。

Cフェース
やっとCフェースが見えてきた。

Cフェース
8:30剣稜会ルートに取り付いた。
先行パーテーはいるがルートは空いている。
登っているのは私です。

Cフェース
先行パーテーが核心部をトラバースしている。
ロープがよく見える。

Cフェース
中間部

Cフェース
登攀している、柳瀬ガイド。

Cフェース
10時前終了点のCフェースの稜線に出た。
Sさん、Oさん

Cフェース
5,6のコルに向かって懸垂下降開始。
実はこれが大間違いで、雪渓のあるルンぜの下に降りることになった。

Cフェース
ルンぜの雪渓に向かって下降しているところ。

5,6コル
下降したルンぜはこんなところです。



Cフェース
その雪渓の脇を登って5,6のコルに向かってガラ場を登っている途中で見た雪渓の大穴です。

Cフェース
同じくガラ場を登っている。

Cフェース
やっと5.6コルに着いた。12:00
一安心。
雪渓に向かって下降しているところ。
この後、剣沢を登っていると大雨になりやっとのことで15:00に剣沢小屋に着きました。
小屋は満員だ。

Cフェース
9月16日 晴れ
同じく5:30に小屋を出発するところ。
今日は、剣、南峰だ。

ガラ場
そのガラバのトラバースです。

南壁
南壁にやっと取り着いたところ。
この日は剣に登る人が異常に多く、蟹のタテバイまでに長蛇の列ができていた。
そのため時間が大幅に遅れてしまうので、平蔵こガラ場を出だしからトラバースして1時間遅れで到着した。

南壁
取り付きでビレーしているOさんです。

南壁
本峰南壁の登攀だ!

南壁
もうすぐ終了点だ。

終了点
終了点から、縦走路に向かってトラバースしているところ。


南壁
10時過ぎ登攀を終了してカニのヨコバイの順番待ちをしているところ。

室同山荘
14:00剣沢小屋に戻ってきた。

この後今日は、室堂山荘に移動しなければいけないので休憩もそこそこに出発する。

室同山荘
雷鳥沢キャンプ場から、Mさんお勧めの立山に至る道から向かうことにする。
ここから、なんとかあった踏み跡をたどって小屋に向かう。
道がない!

室同山荘
途中にあったトロリーバスの換気孔と思われる穴。

室同山荘
明らかにトロリーバスの道です。
こんなことでもなければ、みることはなかっただろう。

17:00過ぎやっと室同山荘に着きました。
今日は壁の登攀よりも、タテバエの順番待ちと、このミステリー踏み跡だった。
みなさんお疲れ様
楽しく、悪くて、ミステリーな三日間でした。
写真を提供してくれたのはSさんです。





テーマ:クライミング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/10/05(金) 10:04:46|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三つ峠 9月29,30(土日) 晴れ  十五夜

三つ峠
土日で三つ峠に行ってきました。
写真は、日曜日 午前中 中央カンテです。
沢山の人がいます。

三つ峠
中央カンテの3ピッチ目を登るところです。
Mさん、Yさん、Iさんです。

三つ峠
最期のピッチを登って来る皆さんです。
岩も乾いており、楽しんで登れた三つ峠でした。

テーマ:クライミング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/10/01(月) 12:57:04|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月28日 晴れ 一の倉沢 ニルンゼ

ニルンゼ
南稜テラスから本谷バンドのトラバースにはいろうとしているHさんです。

ニルンゼ
相変わらず暗くじめじめしたニルンゼです。
しかし今回はそれでも乾いているほうです。

ニルンゼ
ザッテルを越えてAルンぜに入りました。
ザッテルを越えた時の解放感は何度来ても楽しい。

ニルンゼ
Aルンぜの滝を全部越えたところです。
右がドーム、左がマッターホーン状岩峰です。
ほんとにAルンぜは、滝が多い。
登り応えがあります。

ニルンゼ
濡れた、悪い壁を越えてドームの頭に着きました。

ニルンゼ
15:00前に待望の鳥居わきの稜線に着きました。
後ろの山は、一の倉岳です。
やはりこの時期は空気が乾いていて爽やかな登攀ができますね!
Hさんお疲れ!

ニルンゼ
天神尾根の帰り道、谷川岳の稜線を撮りました。
雲と稜線と緑がとてもきれいでした。

  1. 2012/10/01(月) 12:51:27|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年 ヨセミテ パート2

ヨセミテ マヌアルパイル
Nさんから送ってもらった、マヌアル パイル バットレスのアフター6の1ピッチのクラックを登っている私です。
5・7のクラックです。

レストラン
ヨセミテトレックの最終日、空港近くのホテルに泊まりましたが、ホテルで聞いた安くておいしいレストランに行きました。
NさんとMさんが撮ってくれた写真です。

海が見える窓際の席で、飛行場もまじかに見えました。

レストラン
料理もビールも美味しく、なんかやっと美味しい食事ができました。

レストラン
レストランはエレファントバーと言うところでした。
美味しかったな~!

Mさん、Nさん写真ありがとうございました。

テーマ:フリークライミング - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/10/01(月) 12:28:35|
  2. ヨセミテ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0